店長お悩み相談室:賃貸と購入、どっちがいいの?(後編・購入編)

01. 家を買うことは『投資』に近い。

前回は賃貸編ということで
賃貸のメリット・デメリットをお話ししました。
相談室・前編→【賃貸と購入、どっちがいいの?(賃貸編)
今回は『購入について』、もう少し詳しく触れたいと思います。

一生に一度の買い物とも言われている、お家の購入
ライフスタイルがある程度、定まったとしても
「購入」という選択は非常に大きな決断を伴います。

その主な理由として挙げられるのは
やはり、お金に関する問題だと思います。

『ローンは賃貸と同じように、毎月支払う』とはいえ
借金を背負うという側面で考えると、
まだ賃貸でいいやと思う方も、いらっしゃるはずです。

ですが、この住宅ローン。
そんなに悪い奴ではないんです。

02. 住宅ローンは色んな役割を持っている!?

簡単にまとめると、画像の通りです。
折角なので、もう少し詳しくお話しします。

・先行投資としての、住宅ローン

こちらは難しい話ではないと思います。
マイホームの購入は将来的な家賃を先に払い終えたような効果を
得ることが出来ます。

とはいえ、賃貸ですと
そもそも払い終えるという概念が無いので
厳密には違うのですが…

住居費という枠で見ると
将来的な住居費の圧縮が、やはり大きいでしょう。

近年では老後資金の積み立てを目的とした
様々な投資商品がありますが、
自宅の購入も立派な「私設年金」となります。

・生命保険としての、住宅ローン

初めてのお住まい探しで
「知らなかった!」と声が上がるのが
団体信用生命保険(以下、団信)

住宅ローンには原則、団信が
付帯しております。
この生命保険では
ローンの名義人に万が一のことが起こった場合、
残った住宅ローンを完済してくれます。

これにより、ご遺族は住居費の不安が無くなります

その為、団信以外の生命保険については、
未加入の方も、すでに加入済みの方も
住居費分の生命保険は不要になります。

その分を、生活費や教育費など
住居費以外をカバーする保障を受けられるようにすれば
足りることになります。

賃貸の場合ですと
大黒柱に何かあったとしても、家賃を払わなければ
家を追い出されてしまいます。

残された家族の幸せを願うことが出来るのも
購入だからこそ、ですよね。

03. 家を買うのは、そんなに怖くない。

前編・後編と大作となってしまい
申し訳ありませんでした。
これでも結構削ったのです…
(本当はもう少し団信についてお話したかったです)

それでは、最後にタイトルにお応えいたします。

お悩み相談室 第3回目も宜しくお願い致します。