旨味が詰まった鶏そばを八王子で「鶏びあんSobaみやみや」

定期的に食べに行きたくなるお店って、ありますか?
我が家の近くには、私と夫が数か月に一度は訪れる「鶏そば」のお店があります。

うちは2歳の子どもがいて、家族全員でラーメンを食べに行くことが難しい状況。
でも、今回紹介するお店は、夫婦の1人が子どもを見ている間に交代で食べに行くこともあったほど、たまに行きたくなるお店なんです。

家族でも女性ひとりでも入りやすい、ナチュラルでオシャレな鶏そばのお店

JR八王子駅から徒歩約10分。
住宅街の一角にある、「鶏びあんSobaみやみや」。

お昼時は店外で待つお客さんが出ることもある、根強い人気のお店です。

さて、今回久しぶりに「鶏びあんSobaみやみや」に訪れたのは、ランチの時間帯でした。
お店の中は、一見ラーメン屋さんぽくない、ナチュラルでオシャレな雰囲気。

私のような女性の一人客も入りやすいです。
カウンター席の他に、一番奥にボックス席があり、休日は家族連れの姿も見られます。

11時台に入店したにも関わらず、私の後にすぐお客さんが入店。
正午を超えるとさらにお客さんが続々。
本当は、オシャレな店内の写真をもっと載せたかったのですが、撮影は諦めました(涙)。

公式Twitterの配信が見逃せない シェフのきまぐれ的な「限定メニュー」

注文は、入り口すぐの券売機で食券を買って、お店の方に渡す方式です。

「鶏びあんSobaみやみや」には、面白いメニューがあるんです。
先ほどの写真の上の方。

券売機の上の手書きの文字、“あん肝白湯 辛いもみじおろし入り 限定 ¥750”。
こちらはお店で不定期に出している「限定メニュー」といって、少量しか準備しない、シェフのきまぐれ的なメニュー。
いつも数日間でなくなってしまいます。
この“あん肝~”も、なくなり次第終了です。

案の定、この日の夜には“あん肝〜”の次のメニュー“サラダボール雲丹まぜそば”が、さらにその2日後には、「農家さんからいいニラをいただいたから」という理由で“飛魚出汁の和牛背脂ニラそば”が登場していました。

限定メニューの情報は「鶏びあんSobaみやみや」の公式Twitterで発信されています。
夫婦でTwitterをフォローしている我が家では、
「今、限定で○○出てるんだって!食べたい!」
「でも週末まではお店に行けないから、なくなっちゃう!」
と一喜一憂しています。

2種類のチャーシューと太めメンマ、生姜がきいた醤油ベースの鶏そば

さて、食券をお店の方に渡して着席。
ラーメンの前に、お気に入りの一杯。
ビールじゃありませんよ。
こちら。

野菜スムージー(なんと¥100)!!
ごくごく。
炭酸ベースではないのですが、少しピリッとする感じがあって(野菜の種類かな?)、スッキリしていておいしいのです。

そして、私が定期的に食べたくなる、人気NO.1の“鶏びあんそば しょうゆ”が到着。

プリプリの鶏チャーシューに、

より肉肉しいレアチャーシュー。

メンマも存在感があります。

細めでコシがある麺。

醤油ベースで鶏の旨みとコクのある透き通ったスープと一緒に、ズルズル。

生姜が効いていて、この日もひたすらズルズル。
お腹はいっぱいになりましたが、まったく胃もたれしたことがないのが、「鶏びあんSobaみやみや」の鶏そば。
満足、満足。

ちなみに、お店が混んでいない時は、食後にコーヒーをサービスしてくれることもあります。
(空いているときに、お店の方に声をかけると淹れてくれます)
店内の雰囲気もあって、まるでカフェにいるかのように落ち着いてしまいそうですね。

多少並んでも食べたいと思わせられる、「鶏びあんSobaみやみや」の鶏そば。
たまにびっくりするような贅沢食材を使った「限定メニュー」が出て来ることもあります。
お店はとても入りやすい雰囲気なので、ぜひ訪れてみてください。

鶏びあんSobaみやみや
住所:東京都八王子市南町6-11
アクセス:JR中央線・川越線・八高線・横浜線・相模線 八王子駅 徒歩約10分
営業時間:11:30~15:00 ※夜の営業に関してはTwitterをご確認ください。
定休日:火曜日