究極の生ハム体験ができるお店が京王八王子駅すぐに「SALUMERIA USAGI」

京王八王子駅から徒歩1分ほどにある生ハム専門店「SALUMERIA USAGI(サルメリアうさぎ)」。
京王八王子駅の正面、「下倉楽器」が入っている雑居ビルの3階にあります。

「SALUMERIA USAGI」はコロナ渦でしばらく休業されていました。
私は以前に、1度テイクアウトで利用していましたが、その際垣間見た内装の美しさに感激!

「いつかイートインでも来店したい」と営業再開を待ちわびていたところ、12月ついに再開!

さっそく行ってきました。

艶やかな照明が創り出す幻想的な空

店内はファンタジー小説を切り抜いたかのような幻想的な世界観。

内壁や家具、照明、小物雑貨にいたるまで、細部に一貫して異国風な趣があります。

各席は美しくセッティングされているのですが、テーブルマットにはかわいいイラストが描かれていました!
なんだろうと目をやると、店内の縮図ではありませんか!
まるで美術館などのパンフレットのようで、「入場料をお支払いしなくては」という気分になりました♪。

そんなすてきな店内で私が見惚れてしまったのは照明の美しさ!
「SALUMERIA USAGI」の艶やかな照明は蛍光灯に頼らず、個性豊かなランプにより創り出されています!

マットにはイラストとともに、店内のインテリアや食材の仕入先についての説明が記載されています。
オーナーの方のお店へのこだわりがうかがい知れました。

クラゲ型のシャンデリアや、

ティファニー風ランプ、

モダンな緑のランプなど、

どのランプも個性を存分に発揮しています。

また、グラスケースが内側からライトアップされているのがおしゃれすぎます。

まだまだインテリアについて書きたいことはありますが、お料理についてのご紹介がなおざりになってはいけないのでこのくらいに。

生ハムに合う格別な1杯を見つけました☆

「SALUMERIA USAGI」は生ハムに合う、アルコールがとても充実しています。
ワイン、カクテル、ビール、ハイボール、ジン、ウィスキーなど、一通りの洋酒が揃っています。

今回頼んだのは“自家製苺のサングリア”!

“苺のサングリア”というガーリーな響きに乙女心をくすぐられました。

ワインの渋みと苺の甘酸っぱさが、想像を超えてマッチします!
他にないオリジナルブレンドのサングリアで、くせになる味わいでした。

市販とは全然違う、究極的においしい生ハム!

いよいよお店の主役、生ハムです!
9種類ほどの生ハムメニューがありましたが、お店一番人気だという“プロシュットディパルマ”というものを頼みました。

私は今まで生ハムを食べ比べした経験がなく、「生ハム=おいしくて柔らかいハム」という単純な認識でしかありませんでした(笑)。

その私が生ハムについて言葉を発するのは少しはばかられるものがあります。
しかし率直に言って、今まで食べてきた生ハム史の中で一番おいしかったです!!

まずスライスの繊細さが一般のものとは全然違い、生ハムがもはや透き通っています。
口に入れると一生懸命噛まずとも、熱でハムがとろけていきます。
また塩分は強すぎず、ハムの新鮮な旨味が感じられてお酒が進む!
おいしい生ハムに出会い、新天地に一歩足を踏み入れた気分です!

生ハム以外のメニューも充実しています。

「SALUMERIA USAGI」は生ハムだけでなく、パスタ、オムライス、ピザといった一品料理もあります。
今回は“国産牛スネ肉のボロネーゼラザニア”をチョイス!

フレッシュなトマトとたっぷりのひき肉のボロネーゼがとてもおいしいです!
チーズは内側にもたっぷり入っていてトロトロ!
また表面にふんだんにトッピングされたバジルもアクセントになっています。

「SALUMERIA USAGI」は幻想的な空間で、最高の生ハムとお酒に酔いしれられる場所でした!
女子会、飲みでの利用、デートなどのシーンで特におすすめのお店です。

SALUMERIA USAGI
住所:東京都八王子市明神町4丁目7-2 内藤落合ビル3F
交通:京王線京王八王子駅徒歩1分
TEL:042-648-3835
定休日:月曜日
営業時間:店内飲食 17:00−23:30
テイクアウト 15:00−23:00

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。