バター香る高級食パン!八王子をザワつかせた「王道の王道」

長引く“ステイホーム”期間。
気分転換したいけど、旅行や外食はハードルが少し高いなぁと感じるかもしれません。

こんなご時世ですが、どうせなら、家にいながら少しでも毎日を楽しく過ごしたいですよね。

今回は、家での食事をちょっとだけリッチにする、高級食パンを紹介したい思います。

オープン前から噂に!?パッと目を引くユニークなお店

昨年、八王子にオープンした「高級食パン専門店 王道の王道」(以下、「王道の王道」)。
JR八王子駅の北口から歩いて15分、交差点の角にあるお店です。

時間帯によっては、お店周辺がパンを焼く香ばしい香りでいっぱいに。
お腹が空いている時に通りかかると、ふら〜っと立ち寄ってしまいそうになるんです。
そんな「王道の王道」に、朝食用のパンを買いに行ってきました。

とにかく目立つ、特徴的な店がまえ。

オープン前から何のお店ができるのか、ちょっとした噂になっていました。
朝焼けの空に、パンの形の太陽と、動物たちのシルエット。
思わず写真を撮りたくなります。

「王道の王道」の食パンは、タイミングによっては日中で完売してしまっていることもありますが、この日は午後14時前の時点で購入可能でした。
よかった~!

店先のカウンターで商品を購入するスタイルです。
カウンター脇のラスクが、こんがりとおいしそう。

手土産に喜ばれそうです。

レーズン、パンチェッタ&チーズ、あんバター、丹波の黒豆…数や曜日限定のパンも

毎日お店で焼かれている食パンは2種類。
プレーンタイプの「恵みのくちどけ」と、レーズンタイプの「大地の爽昧(そうまい)」。
ネーミングがユニークですね。
商品名が言いづらい場合は、お店の方に「プレーンタイプください」と言えば大丈夫です。

レーズンの食パンは売り切れてしまったとのことで、今回はプレーンタイプを購入することにしました。

ちなみにレーズンの食パンは毎日12:00から販売開始ですが、早い時は1時間以内に売り切れてしまうこともあるそうです。

以前購入しましたが、想像していたより大粒でジューシーな、果実感のあるレーズンが印象的でした。
予約はできないので、手に入れたい場合は、12時近くに来店した方が良さそうです。

チラッと窓を見ると、貼り紙が。

なんと、曜日限定のパン情報です!
曜日によって、パンチェッタ&チーズ、あんバター、丹波の黒豆などの変わりダネも焼いているそう。
また違う曜日に来なくちゃ…!

ネーミングは「赤い夕焼け」、「十勝のみのり」、「豊穣の地」。
なんだかロマンチックです。

パンの代金を支払うと、かわいいパンのスタンプが押されたカードを手渡されました。
エコバッグ持参でスタンプ3倍、30個集めるとラスクが貰えるそうです。

紙袋を受け取り、帰路に。
ずっしりと重さを感じる袋は、底がほんのり温かくて嬉しいです。

紙袋のデザインは、お店の外観と同じくユニーク。

色合いも目立つので、家に置いてあるだけで気持ちが高まります。

バターたっぷり!デニッシュみたいな耳がおいしい

さて、翌日の朝食用に購入したパンですが、温かいうちにちぎって食べられるのが、買って来た私の特権のはず!

帰宅後、さっそく少〜しだけいただきます。
袋に水滴がつくほどの、ほんわりあったかい焼きたてパン。
ワクワク。

ちぎると…

ふわっといい香り!
ガブッ

強すぎないほんのりとした甘みがあり、パン自体はとてもしっとりしています。
持った時のずっしり感は、水分の多さからかもしれません。

翌日は朝食用に厚めにスライス。
切ってみると分かりますが、耳がデニッシュのような層になっている部分あります。
バターがたっぷり入っているからでしょうか。

調べてみると、「王道の王道」のパンは、国産バターとフランス産発酵バターが入っているそうです。
海を渡ったバターも入っているなんて、特別感がありますね。

今回はサクフワ感を味わうために、片面だけトーストして食べることしました。
オーブンレンジで焼いて、夫と息子と一緒に、いただきます!

パリッサクッ

層になった耳部分がパリッと軽くはがれ、トーストされた表面がサクッと音を立てます。
実際の音を聴かせられないのが残念です…!
パン自体はフワフワしっとり。

何もつけなくても、ほのかな甘みとコクを感じて美味しいです。
息子は大きいひと切れを手に持って、ハイペースでパクパクしていました。

ザクザクの砂糖を贅沢にまとったラスク

実は後日、ラスクも食べたくなって購入してしまいました。

1つ1つの大きさが微妙に違って、手作り感があります。
お砂糖がたっぷり。

このお砂糖のかたまりが、たまりません(笑)。
ゴロゴロしていて、食べ応えがあります。
濃厚で満足感のあるラスクでした。

「王道の王道」は、老舗和洋菓子店で育った女性社長が、高級食パンブームの仕掛け人の一人とも言われるベーカリープロデューサー、岸本拓也氏にプロデュースを依頼したお店だそうです。
メディアにも数多く登場する岸本氏のプロデュース。
オープン前から話題になるわけです。

「王道の王道」のSNSは、曜日限定の商品情報も含め、定期的に更新されています。
定番のプレーンやレーズンはオススメですが、気になるパンが焼き上がる曜日もチェックして、ぜひ訪れてみてください。

高級食パン専門店 王道の王道
住所:東京都八王子市八幡町2-17 エイラクビル1F
アクセス: JR中央線・川越線・八高線・横浜線・相模線 八王子駅 徒歩15分
TEL:042-634-8988
営業時間:10:00~19:00※パンがなくなり次第終了
定休日:不定休

東京都 八王子市 八幡町 JR中央本線(東京~塩尻) 八王子
JR横浜線 八王子