サンドイッチでベトナム旅行気分!?OluOlu Banhmi 夢五房店

バインミーって、知っていますか?

柔らかいバゲットに肉や野菜やハーブ等を挟んだ、ベトナムのサンドイッチです。

私がその存在を知ったのは、漫画がきっかけでした。

登場人物がバインミーを頬張る描写が美味しそうで、いつか食べてみたいと思っていました。でも、漫画に登場するお店は遠く、気軽に行くことができませんでした。

そんなある日、近所にバインミーのお店が出来るらしいという情報を、夫が入手して来ました。

「行くしかない!」

ということで、今回はベトナムサンドイッチ“バインミー“のお店、「OluOlu Banhmi (オルオルバインミー)夢五房店」に行って来ました。

心を迷わせる、自家製メニューのオンパレード

訪れたのは、平日のランチ時。

店頭には、「OPEN」の文字が書かれたベトナムの笠帽子。

足元には、店舗名と看板メニューの説明が書かれたボードが出ています。

早速店内へ。

他のお客さんがいたので、注文が終わるまで待つことに。

待っている間、カウンター脇に写真付きのメニューを発見。バインミーは、3種類ありました。

OluOluバインミー、海老アボカドバインミーに、

自家製ベトナムハムバインミー。どれも美味しそうです。

(どれにしよう…)

迷いましたが、ここは店名にもなっている看板メニュー、OluOluバインミーを注文することに決めました。

バゲットに、自家製のチャーシューとベトナムハムをはさんでいるそうです。

(せっかく来たから、もう1品…)

自家製レモネードも、店主のきまぐれスープも気になりますが…

目を上げると、カウンターの上にチャイシフォンケーキの文字を発見。

(デザートを食べちゃおう!)

「OluOluバインミーとシフォンケーキをください。」

注文を伝え、支払いを済ませた後は、席で料理を待ちます。

壁際の棚にはナチュラルな雑貨や絵本が飾ってあり、可愛らしいバインミーの絵も。

お家にいるような雰囲気で、落ち着きます。

大口を開けて両手で食べる!具材がはみ出るバインミー

待っていると、店主が料理の乗った木のトレーを座席まで運んで来てくれました。

ついに念願のバインミーと対面です。

(えっ思ったより大きい!)

バゲットからはみ出る、たっぷりの野菜とハムにチャーシュー、エスニック好きには欠かせないパクチー。

片手では食べられないので、両手でいただきます。

「いただきます!」

口に入れた瞬間、パンの皮が口の中でパリッとしました。

レバーパテのスパイシーな香りがします。

一口、一口と食べ進めるうちに、色んな具材が隠れていたのに気づきます。

さっぱりとした大根と人参のなますに、甘めのチリソースがよく絡んでいます。

キュウリの爽やかな食感、分厚いハムとチャーシューのコクに満足感を感じます。

パクチーは、いいアクセントになっています。

(こんなに具材がいっぱい入ってるんだ!)

食べ終わった瞬間に、また食べたくなりました。

ふんわりシフォンケーキと店主の遊び心が、ワンプレートに

食後に、シフォンケーキが運ばれてきました。

シフォンケーキは、西八王子にある「おうちCafe 樹と葉っぱ」というお店の手作りスイーツとのことです。

ケーキの横にはアイスクリームが盛りつけられ、プレートの余白にチョコレートシロップでスマイルの絵が。店主の遊び心を感じます。

(かわいい!)

ケーキをフォークで切って口に入れると、ふわっと柔らかく、ほんのりした甘みと振りかけられたシナモンの香りが口の中に広がりました。

実は 、OluOlu banhmi は、キッチンカーでの出店もしているお店です。

八王子市内のイベントへの出張の他、2021年3月現在では、毎月水曜日に八王子市大楽寺町のフラダンス教室前でお店を開いています。

キッチンカーでも夢五房店でも、手軽にテイクアウト出来るので、おうちでくつろぎながら、ベトナムの味を堪能するのもいいでしょう。

お店の公式SNSで営業日をチェックして、ぜひ足を運んでみて下さい。

OluOlu banhmi (オルオルバインミー)夢五房店
住所:東京都八王子市横山町18-7
アクセス:JR川越線・八高線、相模線、中央本線、横浜線・根岸線、中央線快速 八王子駅 徒歩8分
TEL:なし
営業時間:11:00~18:00 ※なくなり次第終了
定休日:月曜日、水曜日、第3木曜日、金曜日、土曜日、日曜日 ※2021年3月現在
    (2021年4月からは定休日が変更になります。公式SNSをご確認ください。)