カラフルな遊具にワクワク!子どもたちの王国、八王子の子安公園

「赤ちゃんと一緒にお散歩しながら、親もリフレッシュしたい」

「子どもを外遊びに連れて行かないと、全然寝てくれなくて大変」

そんな時、家の近くに公園があると助かりますよね。

八王子駅周辺には、大小様々な公園が点在しています。

今回は八王子南口から徒歩5分の住宅街にある、「子安公園」に行って来ました。

子どもを連れておでかけしよう

我が子がまだ0歳だった頃、自宅から歩いて行けるお散歩スポットを探していました。

そんな時、地図で調べて見つけたのが「子安公園」です。

初めて訪れた時は、ベビーカーで散策をして終わりでした。

今回は久々に、外遊びが大好きな我が子を遊ばせるため、朝から公園に向かいました。

風に揺れる木々の間を、水仙の咲く広場へゆったり散策

訪れたのは日曜日の朝9時台です。

公園に近づいて行くと、森のような木々が見えて来ました。

入口に立つと、きれいに整えられた植え込みと、視界に収まらない程の巨大な木が目に入りました。

奥へ続く歩道は、枯葉が丁寧に掃き集められていました。

歩道に点在しているベンチでは、お年寄りが談笑しています。

大きな木が何本も植えられていて、木の枝がユラユラと風に揺れ、ゆったりとした時間が流れています。

公園は、グラウンドと遊具がある広場の2つに分かれています。

歩道はグラウンドの周囲を囲んでいて、木や植物を楽しみながら散策出来るようになっています。

この日、グラウンドでは、親子連れがサッカーボールを蹴っていました。

グラウンドの周囲には高いフェンスが設置されていて、ボールが外に飛ばないようになっていました。

我が家のように小さな子連れで利用する場合も、安心です。

歩道を歩いて、今回の目的地、遊具のある広場に到着しました。

広場の中心には、桜の木がありました。

桜の季節にはきれいな花が咲いて、花吹雪も楽しめそうです。

花壇には水仙が咲いていました。

ワクワクする遊具がたくさん!地元保育園の子どもたちも大集合!

「まずは、どの遊具で子どもを遊ばせようかな。」

広場を見渡すと、特に目を引いたのが、こちら。

その名も、「tree house」。

雲梯(うんてい)、滑り台(すべりだい)、橋、ボルダリングが合体した、秘密基地のような遊具です。

大人も童心にかえってしまいそうなワクワク感があります。

滑り台は2種類、滑る部分がクルッとねじれているタイプと、我が家の1歳児でも遊びやすそうな、まっすぐで傾斜が浅めなタイプがありました。

「よし!行くよー!」

早速、息子を抱っこして連れて行きました。

ところが、歩き始めたばかりの我が子は、橋の下をくぐって歩くだけで十分満足してしまいました(笑)。

他には、乗って遊べるカラフルなイルカさんや、ワニさんもいました。

ジャングルジムの配色もおしゃれです。

ブランコや鉄棒もありました。

カラフルでユニークな遊具が多いですね。

砂場は、よく掘りかえされていて、柔らかい砂がサラサラとしていました。

実は、我が家が利用する保育園の連絡帳にも、子安公園の砂場がよく登場します。

前日に誰かが掘った穴に子ども達が喜ぶ様子や、埋められていたどんぐりを息子が掘り出して遊ぶ様子が、レポートとして書かれていたのを覚えています。

普段から、沢山の子どもたちが利用しているようです。

設備や環境は?利用しやすさも大事!

帰宅前に、次回利用する時のために、公園をぐるっと一周して、設備をチェックしてみました。

トイレは北側の入り口すぐにありました。

車椅子やベビーカーを利用している方は、一般トイレと別にある、広いスペースが取られたトイレを使うと便利です。

水道は、大きいものが北側の入り口、小さいものが砂場の横にありました。

公園の入口は全部で5個ありました。

全てスロープもしくは段差のない道になっていて、ベビーカーを押して来た場合もスムーズに入れます。

帰宅後、webで「子安公園」と検索してみると、花や木のある風景写真が数多くヒットしました。

梅、チューリップ、つつじ、葉牡丹、ひまわりなど、今回見る事が出来なかった花も楽しめるようです。

どの季節に行っても、花や木から春夏秋冬を感じることが出来そうです。

子どもから大人まで、居心地良く、利用しやすい公園なので、ぜひお出かけ先の候補に入れてみてください。

子安公園
住所:東京都八王子市子安町4-31
アクセス:JR線 八王子駅 徒歩5分
TEL:042-649-6356 パークサービス八王子(東北部地区公園指定管理者)