元祖『生』高級食パン「乃が美 はなれ」が八王子にオープン

数年前から「高級『生』食パン」として、人気を博している「乃が美」。
電車内で「乃が美」の紙袋を持った人を見かけた、という方も多いのではないでしょうか。

2022年4月1日、八王子の八日町に「乃が美」の販売店「乃が美 はなれ」がオープン。
さっそく行ってきました。

サイズ違いの食パン2種類と、ジャムと、ラスクを販売

JR八王子駅北口より徒歩12分、京王八王子駅西口より徒歩15分の場所に位置するこちらのお店。
入店すぐ、食パンとジャム、ラスクなどが並べられたシンプルなショーケースがあります。
こちらの「おやつらすく」ひとつずつ個包装されていて食べやすそう!
その横には黒糖味とチーズ味の「クルトンスティック」も販売されていました。こちら
はおつまみにも良さそうですね。

レジの後ろの棚には、おなじみの紙袋がキレイにずらりと並びます。街のパン屋さんだと店内ところせましとパンがならべられていますが、「乃が美」は、スッキリした印象のお店。そこも高級な雰囲気を感じさせる一因となっているのでしょう。

このシンプルな雰囲気、とても好きです。
ミニマリズムを感じます。
この空間に居心地の良さを覚えるミニマリストなので、ジャムなどは買わずに食パンだけを買って帰りました。

ふわふわの「生」食パンをちぎって食べる!

「『生』食パン」のレギュラー(2斤)です。欲張ったせいか、一枚分としては分厚く切れました。食欲はミニマリズムできませんね。

引きちぎろうと耳を触った瞬間に、ものすごく柔らかくて驚きました。普段食べている食パンの耳と比べるとその差は歴然。

人間は少し生活レベルを上げると簡単には下げられない、というのを聞いたことがあります。こんなに高くておいしい食パンを食べてしまったら、もう安い食パンには戻れません。なんということをしてくれたのでしょう(泣)。

「外側カリサク、中はふわっと」のトースト

「『生』食パン」にも関わらずトーストもしてみました。

よくある表現にはなりますが、外がカリッとサクッと、中はふわっとしています。カロリーのことを考えて恐ろしくなったのでやりませんでしたが、バターを塗って食べるのも絶対においしいですね。

生も焼きも両方食べましたが、生のパンをちぎりながら食べる方が贅沢な気持ちになれました。おいしさは人それぞれの好みがありますが、贅沢な気分かどうかで言えば、圧倒的に生の勝ちです。

生で食べてこんなにおいしい食パンがあるのか、と素直に感動したので、なぜこんなにおいしいのかと、疑問。
公式サイトで調べてみました。

「乃が美」の公式サイトによると

  • 乃が美オリジナルブレンドの小麦粉を使用
  • 生クリームやバターの素材も吟味
  • 生地を何度も休ませる
  • 焼きあがったら扇風機で冷ます
  • 高級オリジナルマーガリンを使用

これだけのこだわりがあればそれはおいしいに決まってます!(笑)

この乃が美的正解にたどり着くまで、一体どれくらいの選択と失敗と成功を繰り返したのかと思うと、気が遠くなりますね。尊敬の一言です。

焼きたてをゲットできるタイミングは「朝のオープン時」

マネージャーの中澤様にお話を伺うことができました。
八王子には高級食パンのお店がたくさんある中で、このタイミングで出店して大丈夫なんですか?と伺ったところ、
「以前から高尾に販売店がありますが、わざわざ八王子在住の方が購入しに来ていました。
八王子にはたくさんの高級食パンのお店があって、お客様の舌が肥えています。
だからこそ、味には絶対の自信がある「乃が美」なら、他のお店よりも選んでもらえるという自信があり、今回、満を持しての八王子に出店しました。」
ということでした。
すごい自信でびっくりです。
でも確かに美味しいのは間違いない!

それならば一番おいしい時に食べたい。
「どの時間帯に行けば焼きたてをゲットできるのか」を聞いてみました。

朝、立川店で製造したものを八王子に出荷しているそうです。
なので、朝のオープン時に焼きたてに近いものが提供できる状態だそう。
ぜひ早めの時間に行ってみてくださいね。
もちろん焼きたてじゃなくてもおいしいので、ご自身の都合のいい時間帯でも大丈夫です。

ただし、品切れする場合もあるので、可能であれば電話での事前予約がおすすめです。

高級『生』食パン店 乃が美 はなれ 八王子販売店
住所: 東京都八王子市八日町9−10 スパシエ八王子クレストタワー 101
アクセス:JR「八王子駅」北口より徒歩12分
     京王線「京王八王子駅」西口より徒歩15分
TEL:042-634-9088
営業時間:11:00-18:00
定休日:なし