校正担当が公正に動画を修正!

01. SNS担当というか、何か作る担当

どうも、SNS担当の枠を超え始めてるような気がするSNS担当です。
今の私の仕事は、Facebookとブログを更新しつつ、ポスターを作ったり、
今日紹介するように動画を作ったりなど…何か作る人となってます。

モノを作るのは楽しいのですが、私は非常に不器用なので、同時に二つのことが出来ません。
つまり、動画を作りながらブログの記事を考えるとか無理なので、ブログのネタが無いです。

ですので、本日はこれまで!
解散ッッッ!!

……という訳にもいかず悩んだ結果、動画の作業を記録することにしました。
いつも以上にグダグダですが、宜しくお願いします。

02. 広告用の動画って何?

以前、「内見動画サービス」についてお話しましたが、
広告用の動画はそれとは別のモノです。

内見動画サービスの動画は「個人向け」のため、
限定された人にしか見えないように設定します。
逆に、広告用の動画はそういった制限を設けず、
QRコードを読み取った方、全員が視聴することが出来ます

さて、そうすると何が起こるかというと…
来るんですよ…彼女が……

校正担当が……

03. 校正担当とSNS担当

突然ですが、朝日土地建物のチラシを見たことありますか?
一応ブログの上の方にもリンクが張ってあるのですが、わかりにくいと思いますので、
こちらにも貼っておきます(今週のチラシ)。

さて弊社も含めて、不動産のチラシって書いてある内容がすごく似てますよね。
実はそれにはちゃんとした理由があるのです。

この公正取引協議会は各業界にあるので、似たような名前を見た方も多いと思います。

不動産は非常に高い商品なので、ルールが厳しくチラシに記載するものもたくさんあります。
なので制限がとにかく多く、場所だとか面積だとか…書いてあることは大体同じです。

その中でデザインを担当する方が工夫をしてくださり
「八王子店の個性」を感じることが出来るのです。本当に頭が上がらないです…

そして制限…というかルールを破るとは怒られますし、罰則もあります。
なので弊社ではアサヒクリエイション所属の校正担当さん
株式会社アサヒクリエイションのブログを書いている方)が
最終チェックをするわけです

図にするとこんな感じ。

早い話、SNS担当が広告の難しい話を理解しきれないので、
プロ(校正担当さん)に助けてもらってるという事です。
校正担当さんは八王子店以外も勿論チェックしていますので、すごくお忙しい方です。
(そこに仕事を増やしたのが、この私です……本当にすみません……)

前の章で魔物が来るような言い方をしましたが、
こちらが傷付かないように遠まわしに指摘をしてくださる…
本当…優しい方なんですよ……いつもご迷惑おかけします……

04. 今日も元気に修正作業

ということで、校正担当さんにチェックをしていただいたら、そこからはコツコツ修正です。

正直、すっごく大変です。
動画作成も大変ですし、さらにそれの修正も大変です。
モノによっては映像NGもあったりするので…
そうすると発狂したくなります。ウワァァァァァァみたいな。

不動産公正取引協議会連合会は
「不動産屋」のためではなく「消費者(お客様)」のために存在します
なので、そのルールに従い制作・修正するのは簡単ではありません。
だからこそ、校正担当という「校正を専門で行っている」方がいらっしゃるわけです

ついでに、その広告ルールを消費者向けにわかりやすく説明されているものもありますので、
興味がありましたら、是非見てください。

不動産広告を見る前に(首都圏不動産公正取引協議会の公式HPに飛びます)
https://www.sfkoutori.or.jp/koukoku_before/

朝日土地建物・アサヒクリエイションはお客様のために、裏でもこのように頑張ってます!

……いつも以上に綺麗にまとまったのでは!?