店長お悩み相談室・番外編:新築を見るときは深呼吸!

01. 番外編の番外編

前回の予告通り、「番外編の番外編」をやっていきます。
次はまた本編に戻るつもりなので、もう少し、この緩さに付き合ってください。

どうでもいい話なのですが、後輩がとうとうこのブログへとたどり着いたようです。
驚きつつも、先ほど必死に読み返しましたが…パッと見た限り、
やばいことは書いてなさそうだったので、一安心です。

話が逸れる前に、本題に入ります。
今回のテーマは「新築」と「モデルルーム」の二本立てになります。

本編とは違い、精神論寄りの話ではありますが
「心構え」としてはすごくいい話だと思いますので、
軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

02. 新築の匂いは、魔法の香り。

インターネットオークションやフリマアプリ、
さらにはヴィンテージブームなどによって中古品への抵抗感が薄い方って結構多いと思います。

私は中古品も視野に入れないと買えない本が好きなので、抵抗はかなり薄いです。
趣味が悪いわけじゃないですよ?例えば、最近買った本は「図解 日本呪術全書」です。
オタクたるもの、呪術の一つや二つ覚えておこうかなとか、
そういう軽い気持ちで購入を決めたのですが、
鈍器(並みに分厚い本)が届いたので、びっくりしました。

……ともかく中古品に抵抗のない私ですが、
それでもやっぱりお家は「新築」かなぁ~とか思っちゃいます。

実際、住宅市場において新築は根強い人気があります。
やはり誰も使っていない新品が、自分のモノになると、
達成感などで気分が上がっちゃいますよね。

ですが「新築を買うこと」が目的なら関係のない話ですが、
良いお住まいを探すのであれば、新築を見る際は、一度深呼吸をしましょう

「小さな違和感」を見過ごしてしまうかもしれません。

特に「中古」になることを踏まえて考えるのは、とても大切だと思います。
何故なら「新築」は一度住めば「中古」となるからです

とはいえ、ずっと住む家を売る前提で見るのは難しいですよね
そんな時は「資産」を手にすると考えてみると、少しピンとくるのではないでしょうか?
(参考記事→店長お悩み相談室:賃貸と購入、どっちがいいの?(後編・購入編)

今はあくまでも、新築だからと妥協しない方法の話ですので、
売却について深く考える必要は本当にないです。

イメージをして、「それでも気にならない!この家が好きだ!」と思ったら、
そのお家は本当に良いお家なんだと私は思います。

03. モデルルームのはなし

本編(店長お悩み相談室:中古マンションの魅力に迫る!)でもお話ししましたが、
新築マンションの内見と言えばモデルルームです。

新築のマンションの多くは先行販売(青田売り)で、完成する前に販売します
勿論、売れ残ったら完成後でも見学できますが、
人気のマンションはたいてい完成前に完売してしまうので……
なので「本当に気に入ったら、見ないで買う」のが前提になってしまうんです。

だからこそ、慎重に…中古マンション以上に細かく見る必要があります。

これはリノベーション・リフォームを考える人にも共通するとですが
最新の設備などを購入する際は、「あったらいいな」ではなく
「ずっと使い続けるか」もしくは「支払いが続くことに納得できるかどうか」と、
一歩引いた視点が理想です。

04. 家を探すって本当に大変!

不動産業界の隅っこに居る私が言うのもあれですが…
お家探しって本当に大変ですよね…
こういったコラムを読んで、事前知識を付けても、私だったら現地に着いた途端忘れます

だってお家探しって楽しいじゃないですか~!
物件情報を入力する作業ですら楽しいですもん。
「今の設備ってこんな感じなの!?」とか「家というかカフェじゃん…?」って
一人で盛り上がってますよ。

そんなときに頼ってほしいのが「営業さん」です!

営業さんは私なんかより、もっと詳しい住宅事情を知っています。
このコラムはあくまでもオマケ。是非、営業さんにたくさん頼ってください。

ということで「番外編」と「番外編の番外編」はひとまず終わりになります。
また頑張って本編を書いてまいりますので、今後とも宜しくお願いします!