八王子芸妓がまちなかへ。歴史と文化を楽しむ「桑都花街物語」

令和2年、八王子を舞台にした一つのストーリーが、日本遺産に登録されました。

「霊気満山 高尾山~人々の祈りが紡ぐ桑都物語(そうとものがたり)〜」

霊山・高尾山をはじめ、城跡やお祭り、街道や織物など29の文化財で構成されたストーリーです。

今回紹介するのは、日本遺産と、それを構成する文化財のひとつ「八王子芸妓」に関連したイベント、「桑都花街物語(そうとかがいものがたり)」です。

華やかな演舞 花柳界と絹織物のまち八王子の歴史

多摩地区唯一の“芸妓さんがいるまち”八王子。
南町には、花柳界の組合の事務所「見番(けんばん)」が、
中町の「黒塀通り」には、芸妓さんが所属する「置屋(おきや)」があり、
周辺にはお座敷遊びができる料亭もあります。

そんな八王子市中町に、普段はちょっとした休憩スペースとして利用できる場所があります。
「まちなか休憩所 八王子宿(はちおうじしゅく)」。こちらが今回のイベント会場です。

イベント開催の情報を聞きつけて、開始時間の5分前に会場に到着。
ソーシャルディスタンスを保って、すでに8割ほどの座席が埋まっていました。

大きな赤い野点傘(のだてがさ)に、金屏風の舞台、着物姿の芸妓さん。
客席にも着物姿の方がいて、雰囲気満点。
ドキドキしてきます。

これから始まるのは、「桑都花街物語」。
芸妓さんによる演舞や、八王子花柳界の文化の解説、街歩きなどが楽しめるイベントです。
ちなみに“桑都”とは、養蚕(ようさん)や絹織物の生産が盛んだった八王子をたたえた呼び名です。

しばらくして、演舞がスタート。

はじまったのは、「オリャセ節」。
三味線の音色と歌声が、まっすぐ耳に入ってきます。

♪桑の葉かげに ハッチョオリャセ
 小窓が見える アリャサノサ
 機を織る娘の アリャサノサ…♪

芸事をしっかり見る機会など、今までなかった私。
華やかで、どこか格式を感じる世界に、思わず前のめり気味に。

舞台では、芸妓さんの語りといくつかの唄によって、次々に桑都八王子と花柳界の歴史がつづられていきます。

戦争、八王子に配置された武士千人隊、絹産業の発展、宴席を楽しませる女性の登場。
三味線、鼓に笛の音、そして優雅な舞が、物語の進行とともに目の前で繰り広げられます。

ついさっきまでの日常生活が、なんだか嘘のよう。
お座敷の華やかな雰囲気と、歴史の波に翻弄されます。

芸妓さんと一緒に演奏!?楽器の弾き方レクチャー

壮大な物語が演舞として披露されたあとは、楽器の体験ができるとのこと。
最初に声をかけられた客席の方が、太鼓のバチを握りました。

リズムを教えてもらいながらの太鼓、芸妓さんの三味線、唄のコラボレーション。
芸妓さんと一緒に演奏なんて、貴重な体験ですよね。

「他にやりたい方、いますか?」
の声に、せっかくなので手をあげてみました。
選ばせていただいたのは、三味線。

片手に指かけをはめ、バチの握り方を教えてもらいます。
「弦のこの位置を指でおさえてください」
押さえながらバチを振ると…
ベンッ
音が出ました!

芸妓さんの指示通りに「さくらさくら」のフレーズを弾かせてもらいます。
とってもいい気分でした(笑)。

次の方は、鼓に挑戦していました。
こちらも意外と難しいらしく、手の開き具合やたたき方などを教えてもらいながら、三味線に合わせての演奏でした。

柳、黒塀、石畳、着物姿の芸妓さん 風情ある街歩きに繰り出す

会場がなごやかな拍手に包まれたあとは、建物の外へ出て街歩き。
「よろしければ、ご一緒に…」とのこと。
かつての周辺地図がくばられました。

昭和35年、と書いてあります。
とても味のある地図ですね。

外に出て、芸妓さんの後ろをずらずらと並んで歩きます。

ゆれる柳の枝、趣のある黒塀、芸子さんの着物姿。
風情を感じます。
八王子は呉服屋さんも多いので、普段から私も着物を着て歩けたら最高だなぁ、なんて思ってしまいます。

一行は、冒頭でも挙げた「見番」の前へ。
花柳界の組合の事務所です。

お座敷の予約を、こちらでも受け付けています。
実は、「見番」という言葉自体を初めて知った私。
新しい世界を知るのは、面白いですね。

料理屋、かつての待合茶屋や街並みの解説を聞きながら周辺をぐるりと周り、「まちなか休憩所 八王子宿」に戻ってきてイベントは終了。
2部制で、1部は50分弱。
短いけれど、新鮮で濃い時間でした。

日本遺産PRの一環として行われる「桑都花街物語」は、令和4年3月19日まで、毎月第1・第3土曜日に開催される予定です。
とても気軽に参加できるので、ぜひ八王子芸妓の伝統と文化を楽しみに行ってみてください。
(緊急事態宣言等で中止の場合もあるため、開催については八王子市のHPをご確認ください)

桑都花街物語
期間:令和3年4月3日~令和4年3月19日
日時:毎月第1・第3土曜日 13:00~15:00
会場:まちなか休憩所八王子宿(八王子市中町12-11-1)1階及び周辺
アクセス: JR中央線・川越線・八高線・横浜線・相模線 八王子駅 徒歩約8分、京王線 京王八王子駅 徒歩約10分