八王子オンリーワンのタイレストラン!? 「タイ王国料理レストラン タイラーンナー」

JR八王子駅から徒歩5分ほどにある「タイ王国料理レストラン タイラーンナー」。

ネットで調べる限り、八王子で唯一のタイ料理専門のレストランです。
先日、タイ料理が好きな知人から「おいしいタイ料理のお店が八王子にもあるよ!」との情報を入手。

私はタイに留学した経験があり、本場の味は少しばかり分かっているつもり。
「タイラーンナー」はどんなものかと、興味津々で来店しました。

タイ特有のおおらかな雰囲気漂う店内!

「タイラーンナー」はレンガ作りが特徴的なビルの2階にあります。

店先には、プチ風水があり、ゾウさんやタイ衣装を身に着けたかわいい置物たちが、お出迎えしてくれました♪

店内はタイ語が飛び交い、和気あいあいとした雰囲気。

店員の方はタイ人で、常連と思われるお客さんもいらっしゃいました。
だからといって、新規のお客さんが入りにくいといった感じではなく、とてもウェルカムで温かい空気感。

日本人の私からするとタイは、街の雰囲気がゆったりしていて、おおらかな人が多い印象があります。
まさに「タイラーンナー」もそんな感じで、居心地がいいです!
タイで暮らしていたときのことを思い出して、懐かしい気持ちになりました。

“ガパオライス”は日本人の味覚に合わせた味付けで食べやすい!

「タイラーンナー」はランチがとてもお得でした!
メインにプラス、ドリンク、サラダ、スープ、デザートがついて1000円ほど。

今回はタイ料理の大定番、“ガパオライス”を注文しました。

第一印象としてはかなり日本よりのテイスト!
「タイラーンナー」の“ガパオ”には日本のお醤油が使われているようで、焼肉のたれに近いような甘じょっぱい味。

一方で、本場の“ガパオ”には“ナンプラー”という魚を使ったしょっぱい調味料が使われています。
それはとても旨味の強い調味料なのですが、その反面独特な匂いがあり、好き嫌いが分かれるものです。

しかし、「タイラーンナー」の“ガパオライス”にはこの“ナンプラー”の臭みが感じられませんでした。
これなら日本人にも、とても受けるテイストだと思いました!

また食材も日本的です。
現地の“ガパオ”の具材はというと、鶏ひき肉、ホーリーバジル、ニンニク、そして恐ろしいほど大量の唐辛子が中心!

一方、「タイラーンナー」の“ガパオ”はそういった香辛料のインパクトは抑えめです。
そのかわりに、玉ねぎ、ピーマン、パプリカなど、日本定番の食材がたっぷり使われていました。

そしてタイ米がとてもおいしい!!
タイ米は日本米に比べて、水分が少なく軽いため、脂っこいものやカレーなどと相性がいいんです。
“ガパオ”についても、鶏肉の肉汁とヘルシーなタイ米がマッチして、最高の組み合わせです!

「タイラーンナー」の“ガパオ”は味も食材も日本人の味覚に合わされていました!
タイ料理は初心者という方にも、とてもおすすめのメニューです。

スープ、サラダ、デザートまでついてボリュームも◎

“ガパオ”だけでもボリュームがあり満足でしたが、ランチではその他にもいろいろ付いてくるのがうれしい!

スープは鶏ガラベース。
具材は肉団子や大根、白菜、豆腐、わかめなどやはり、日本定番のものです。
具沢山で栄養もとれるのがいいですね。

そして最後は、甘〜いスイーツで、“ガパオ”のお口直し。

こちらにはココナッツミルクの中に、マンゴーとタピオカが入っています。
タピオカのモチモチと濃厚なココナッツミルクの甘みが相性抜群です。
トロピカルなスイーツで南国気分を最後まで堪能できました!

「タイラーンナー」の“ガパオ”は日本の調味料や食材を活用しながら、タイ料理の個性とうまく融合していました。

“ガパオ”以外にも、“カオマンガイ”や“パッタイ”、“グリーンカレー”、“トムヤムクン”などタイ定番料理がまだまだあります!

八王子でタイ料理デビューしたいなら「タイラーンナー」に行かない手はありません!

タイ王国料理レストラン タイラーンナー
住所:東京都八王子市中町10-14町田ビル2F
交通:JR中央線、横浜線、八高線 八王子駅北口徒歩5分
TEL:042-625-6112
定休日:月曜日
営業時間:11:00~15:00、17:00〜20:00

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。