視覚も楽しい喫茶店JR八王子駅「COFFEE Ritmos」

JR八王子駅付近はチェーン店も含めて、多くの喫茶店がある駅です。

ランチメニューが豊富であったり、アルコールを提供している喫茶店があったり、さまざまな特色を持っている喫茶店がありますが、喫茶店とアーティストランスペースを兼ね合わせた一風変わった特色を持った喫茶店がJR八王子駅にはあります。

その喫茶店は「COFFEE Ritmos(リトモス 以下、Ritmos)」です。今回はアーティストランスペースと喫茶店の二つの顔を持つRitmosに行ってみました。

視覚でも味覚でも楽しめる喫茶店

RitmosはJR八王子駅南口を出て徒歩1分の場所にあります。

お店のホームページにも記載されていますが、横にあるクリーニング屋さんが目印です。
詳しい地図もホームページに載っているので、場所がわからない場合は、そちらを参考にするのもいいかもしれません。

お店の外観です!青くてきれいなドアを開けるとコーヒーの香りとステキなイラストが出迎えてくれます。

先ほども触れましたが、Ritmosは普通の喫茶店とは異なり、アーティストランスペースの側面も持っています。アーティストランスペースとはアーティスト自身が運営しているギャラリーやスペースという意味です。

お店の至る所に、作品が展示されているのが特徴です。時期によって展示されている作品が異なり、2022年8月22日現在では「Marie Ide」さんの作品が展示されています。

常時ホームページに作品展示の募集をおこなっているので自分の作品をお店に展示したい場合はそちらから相談も可能です。イラストなどの展示だけでなくミニライブなども行っており、多くのアーティストが自分を表現できるお店でもあります。

コーヒーにもイラストが!

今回は店主さんにすすめられた、リトモスブレンドのレギュラーサイズを注文しました。

何を注文しようか悩んでいたところ、店主さんがコーヒーの好みについていろいろ質問してくださり、おすすめを用意してくれました。浅煎りや深煎りの違いについても説明してくれてとても親切でした。

コーヒーが苦手な方でも、チャイやレモネードなどのメニューがあるので安心して楽しめます。

こちらがリトモスブレンドです。飲んだ瞬間口の中に苦味と香りが広がって、とてもおいしいです。香りを楽しみながら時間をかけていただきました。

コーヒースリーブにはイラストが描かれています。これもRitmosの特徴の1つで、商品を注文する時期やタイミングによって、違うイラストをスリーブに描いて提供してくれます!

今回のイラストは、店内に作品が展示されているMarie Ideさんが描かれたイラストでした。また、Ritmosでは店頭でのテイクアウト販売も行っています。

時間に余裕がなくドリンクだけを楽しみたい方はこちらの利用もおすすめです。もちろんテイクアウトのドリンクのコーヒースリーブにもステキなイラストが描いてあります!

店主も絵描きの喫茶店

今回紹介したRitmosは、HPやTwitterなどのSNSでも情報を精力的に発信しています。

お店に展示されている作品の展示期間や、営業日などはお店のSNSから確認することができるのでそちらでチェックするのがオススメです。店主自身も絵描きであり、アーティストに寄り添った喫茶店Ritmosにぜひ一度訪れてみてください!

COFFEE Ritmos
住所:東京都八王子市子安町4-10-10 松屋ビル1階
アクセス:JR中央線、横浜線 八王子駅 徒歩1分
電話:042-686-1670
定休日:不定休(お店のSNSで確認できます)