地域の人に長年愛されているお寿司屋さん八王子「ひ可里寿司」

たまにはちょっとぜいたくに、夜までゆっくり家族やお友達とおしゃべりしながらお酒と料理を楽しみたい。
そんなときにおすすめしたいのが、昭和32年の創業以来、地域の人々に長く愛されているお寿司屋さん「ひ可里寿司」。

昔ながらのアットホームな空間で新鮮なお魚料理が楽しめて、充実した時間が過ごせること間違いなし!「ひ可里寿司」のご主人は寿司職人として長年のキャリアを持つプロです。

大切な人と、ゆっくりお話ししながら夜までお酒を楽しみたいというときに利用するのもおすすめです。

今回は、八王子市千人町にある「ひ可里寿司」さんをご紹介します。
JR西八王子駅から徒歩6分程度とアクセスも抜群です。
甲州街道から1本奥まった通り沿いにお店を構えています。
店内には魚拓がかざられており、古風ながら活気を感じさせる雰囲気になっています。

日替わりの一品料理が絶品


暖簾をくぐり店内に入ると、いかにもお寿司屋さんという和の雰囲気が出迎えてくれます。
座席はカウンター席とお座敷があります。

「ひ可里寿司」さんはお寿司だけでなく、一品料理も充実。

お寿司メニューはにぎり・巻物合わせて20種類程度、日替わりの一品料理が6種類程度取り揃えられています。他に、鉄火丼、うな重、うなぎ窯焼き、刺身盛り合わせなどのメニューもあります。
アルコール飲料は、ビール、日本酒、ハイボールなどから選ぶことができます。

今回私は、平日の20時頃家族と一緒に訪れました。
特に土日の夜は混みあうので、事前に電話で予約しておくことをおすすめします。

さっそく料理をいただいてみます!ただ、一品料理は、どれもおいしそうなので何を注文するか迷ってしまうほど。

さまざまな料理からまず最初は、大好物の鱈の白子をいただきました。

ふわふわで、舌の上でトロっととろける食感がたまりません。
新鮮で、全くくさみのない良質な白子でした。
さっぱりしたポン酢との相性も抜群です。

こちらは、煮穴子です。

ふわふわでほどける柔らかさ。
やさしい甘みで食べやすく、絶品でした。
添えられているわさびとの相性も良く、あっという間になくなってしまいました。

貴重な一品料理も

2回目訪れた際に、日替わりの一品料理の中に「メロの煮付け」があったので、さっそく気になって注文してみました。
メロは、銀ムツと呼ばれていたそうです。
メロは脂のりがよく、世界的にもそのおいしさが認められている白身魚だそうです。

実際にいただくとまさにその通りでした。
ぷりぷりで柔らかくほろほろの食感がたまりません。
味わう瞬間は、思わず目を瞑ってしまうほどの絶品です。
ぜひみなさんも、一度は味わってみてほしいと思います。

昔ながらのアットホームな空間で、オーナーのご夫婦もお話ししやすくリラックスしながらいただくことができました。
カウンター席では、ご主人がお寿司を握っている姿を見ることができます。

お友達や家族と一緒に、「ひ可里寿司」さんで、夜までゆっくりぜいたく気分を味わってみてはいかがでしょうか。
1つひとつのお料理が味わい深く、おいしさを舌でゆっくり味わいながら満喫することができます。

新鮮なお料理と、静かな雰囲気でいやされるステキなお店でした。
ぜひ、近くに行ったときに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ひ可里寿司
住所:東京都八王子市千人町1丁目5-19
アクセス:JR中央線西八王子駅から徒歩6分
電話番号:0426-61-1647
営業時間:0:00-23:00
定休日:無し
イートイン/テイクアウトどちらも可