八王子名物“煮カツサンド”の老舗 「Jazz Bar & Cafe ROMAN」

八王子駅から徒歩10分ほど、甲州街道の一角にある、「Jazz Bar & Cafe ROMAN」。
昭和32年「純喫茶ロマン」として 開業した老舗店です。

現在ではカフェ営業は行っておらず、サンドイッチやお弁当の販売を行っています。
こちらの看板メニューは“煮カツサンド”!
度々メディアでも取り上げられているので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

私は差し入れでここのサンドイッチをいただいたことがあり、以前からいつか行ってみたいと思っていたお店でした。
今回は念願の初来店!

ライブハウスのようなオシャレな佇まい

「Jazz Bar & Cafe ROMAN」は、コンクリ打ちっぱなしのシックな外観で、まるでライブハウスやスタジオのような雰囲気。
何度もお店の前を通っていましたが、まさかここで八王子グルメ、“煮カツサンド”を販売しているとは思いもしませんでした!

そして店内もハイセンスです。
終始、感じの良いjazzが流れていて、インテリアもおしゃれ。
待ち時間もjazzに耳を傾けながらすてきな時間を過ごせます。

特製醤油ダレがくせになる“煮カツサンド(ロース)”

「Jazz Bar & Cafe ROMAN」のサンドイッチは、真空パックに入っています。
そのため持ち帰ってから少し時間が経っても、サンドイッチの風味が落ちません。
またプラ容器なので、まるごとレンジに入れることができる点も便利です◎。
数十秒温めれば、作りたてのようにパンはフカフカ、カツはジューシーに復活します。

写真をご覧の通り、カツ:パン=8:2くらいのカツのインパクト大のサンドイッチ。

カツは揚げたあと、お店秘伝の甘じょっぱい醤油ベースのタレで煮付けられているのだとか。
これが1度食べるとクセになる味。

お肉は何層にも、赤みと脂身の部分が絶妙なバランスでミルフィーユ状になっています。
そのため、どの部分を食べても赤みと脂身を両方楽しめますし、これだけの分厚さでも、簡単に噛み切ることができます◎。
これであれば、お子さんやお年寄りなど、咀嚼力の弱い方でも、食べやすいのではと思います◎
またぶた独特の臭みもなく、とてもおいしいです!

スフレ食感フワッフワな“卵サンドイッチ”

個人的にとても大好きなメニューです。
卵がだし巻き卵のようにふわふわジューシー!
これだけふっくらさせるためには相当の水分が必要なはず。
しかしこれは全然水っぽい感じがなく、卵の弾力がしっかりしています!
どうしたらこのような卵焼きができるのでしょうか!?

そして卵とパンの間には、バターがたっぷり塗られています。
温めると、バターがじゅわーっと、パンに染み込んで、卵とも絶妙にマッチ!

ケータリングや通販もあります!

「Jazz Bar & Cafe ROMAN」では、3箱以上の注文で“煮カツサンド”と“卵サンド”両方入ったセットもオーダーできます。
どちらも一度に食べたい方にはおすすめです。

サンドイッチやお弁当はケータリングサービスや通販もあります。
気になる方は、ぜひ「Jazz Bar & Cafe ROMAN」のホームページをチェックしてみてください。

Jazz Bar & Cafe ROMAN
住所:東京都八王子市横山町10-15 ROMANビル1階
交通:JR中央線、横浜線、八高線 八王子駅北口徒歩10分
TEL:042-645-4607
定休日:不定休
営業時間: 10:00~17:00

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。