お茶がおいしい八王子の喫茶店「升階茶寮」

JR八王子駅で本格的な日本茶と中国茶を味わえるお店があるのをご存じでしょうか。今回は八王子駅にある喫茶店「升階茶寮(しょうかいさりょう)」を紹介します。

まさに隠れ家!八王子駅南口の喫茶店

升階茶寮はJR八王子駅南口を出て、右手側を直線に10分ほど歩いたところにあります。お店の場所は少しわかりづらく、マンション2階の一室にあります。まさに隠れ家という言葉がぴったりです。

建物の外にはイラストの入った看板が出ているので、そちらを目指して歩いてみるといいかもしれません。

お店の名前は升階茶寮(しょうかいさりょう)とあまり見慣れない字の並びですよね。お客さんから「読めない」と言われることが多いと店主さんがおっしゃっていました。

お店の名前にはとてもステキな由来があるので、気になる方はぜひお店のホームページをチェックしてみてください。

落ち着いた空間でお茶を楽しむ

店内はダークブラウンを基調とした椅子や机が多く揃えられていて、落ち着いた雰囲気です。

また、金魚の水槽とメダカの水槽があり、水の流れる音が心地よく聞こえます。

メニュー表には中国茶から日本茶まで多くの種類が並んでいます。その中でも中国茶はおかわりなし用の値段とおかわりあり用の値段で分かれているのが印象的です。

日本茶は基本的に最初の一杯目に味が凝縮されますが、中国茶は時間をかけて茶葉を蒸らして味を出すという特徴から2杯、3杯と複数回に渡ってお茶を味わうことができます。

そのため中国茶はおかわり前提として飲むのが一般的な楽しみ方だそうです。このような理由により升階茶寮でも、おかわり用のメニューが用意されています。

お茶の品揃えだけでなく食事メニューも豊富です。注文を受けてから焼き上げるアップルパイから、かわいい猫の形をした最中(もなか)まで多くの食事を楽しめます。

今回は中国茶を初めて体験する方におすすめである四季春(しきしゅん)と、かわいらしい猫の形をしたにくきゅう最中を注文しました。

ちなみに、にくきゅう最中のような猫にちなんだメニューだけでなく、店内には猫に関するグッズがたくさんあり、店主さんの猫に対する愛情を感じられます。

四季春とにくきゅう最中

カウンター席に座ると店主さんがお茶を淹れる様子を見られます。時間をかけて丁寧に淹れてくださったお茶の到着が楽しみです。

こちらが四季春とにくきゅう最中です。

四季春は濁りがない黄色のお茶です。口当たりがあっさりしていて、飲んだ瞬間に爽快感が広がり後味は長く残らずにすぐに消えていきます。クセのない優しい甘みと香りが絶品のお茶でした。

かわいらしい見た目の最中は写真を撮らずにはいられない一品です。中身のあんこは粒あんでパリパリの皮とよく合います。そして何よりも四季春の爽やかな風味との相性が抜群で、すばらしいお茶のお供になってくれました。

升階茶寮でお気に入りのお茶を見つけよう!

升階茶寮では、一度ではとても全てを味わえないほど豊富なお茶が揃えられています。

より多くのお茶を味わいたい方や、自宅でお店の味を楽しみたい方は茶葉の販売もあるのでそちらもおすすめです。

ぜひみなさんも八王子の升階茶寮でお気に入りのお茶を見つけてみてください!

升階茶寮

住所:東京都八王子市寺町29-12 メゾン・ド・ミリオン202
アクセス:JR中央線八王子駅 徒歩10分
営業時間:平日14:00-21:00、日曜14:00-19:00
定休日:月曜日、第2・第4日曜日
HP:http://saryou.or.tv/top.htm